キーボードの修理をしました


いつもお世話になっている友人からネットブックを頂きました。
Aspire oneというネットブックです。青色の綺麗なデザイン。
ただ、F1キーが壊れてたんです。

友人は気を遣って、わざわざ交換用のキーボードまで手配してくれたのですが…
(M君、いつも本当にありがとう!!)

やっぱりここはPCレスキュー
きちんと直さないといけませんよね!!

取れちゃったF1キーの右下部分にあるボタンを引っ掛ける爪部分が変形して曲がってしまってます。
(クリックすると拡大します)

キーボード修復前

これを丁寧に整形しなおしてあげると…こんな感じ
(クリックすると拡大します)

キーボード修復後

あとはボタン側の爪(樹脂製)を破損しないように気をつけながら、取り付けてあげれば完了です!
(クリックすると拡大します)

キーボード修復後

後は綺麗にクリーニングして完了です!!
こうやってやっと小型軽量のノートPCを手に入れました。

実はもう1台、小型ノートPCは持っているのですが、Windows95時代の既にレトロPCなのです。
そのうちコレクションとして紹介させていただきますね。^^

ネット接続で困っているお客様の元へ出張修理に伺うときにも、すぐにネットで必要となるドライバなどが入手できるよう、モバイルの契約もしました。

パソコンのキーボードをお子様が壊してしまった…そんな時も諦めないで下さい!
また、壊れたままにしておくと写真の様な金属の爪が露出した状態になっていますから、非常に危険です!!(私も作業中に何度も流血しました…)
ボタン部分を紛失してしまっていても、キーボード部分を丸ごと交換することも可能です。
ただ、部品が入手可能か確認する必要がありますので、事前にご連絡下さい。

困ったときは、あなたの街のパソコン救急救命士にすぐ連絡を♪