PCレスキューが生まれるまで [その1]


今日はPCレスキューを知っていただくために、私のことやこれまでのことを…

私は元々、マニアなら誰でも知っている、そこそこ有名なオーディオ製品や無線機などを
作っている某メーカーのエンジニアでした。

最初は品質保証部という部署で、これから発売される開発中の製品についての
各種性能や品質を検証する部署で、毎日色々な測定や検証をしていました。
沢山の法律的な知識も技術的な内容も学びました。

元々オーディオも無線機も大好きで、知識も資格も持っていましたので、
仕事は大変でしたが、非常に充実した毎日を過ごしていました。

扱うのは試作機ですから、世界で最初の、手作りの1台を手にするわけです…。
それを色々なテストをしていく中で、もし壊してしまったら…自分で修理するしかありません。
修理しなければ開発がストップしてしまいます。責任重大です。
元々、電子情報工学科卒で研究でも趣味でもハンダごてを握ることが多かった私ですが、
ますますスキルアップすることが要求されました。

その後、製造業不況の煽りで部署の異動を命じられます。
「お前なら、プログラミングもできるだろ…」と、そういうことです。
今度は試作機を組み立てて、その製品の内部で動くプログラムを作る仕事となりました。
パソコン上で動くプログラムとは違い、全ては基板上で電気信号として結果が出ます。
嫌でもハード・ソフトの両方に精通しなければなりません。

そうやって数多くの音響機器や無線機、ICカードリーダ、各種業務用機器、
そしてCDやDVDドライブなどの光学機器やカーオーディオ製品を世に送り出して来ました。

光学系ドライブ開発中の写真 パソコン用のドライブも沢山関わってきました。
まさかこんな風に役に立つとは思いもしませんでしたが。
皆様も生活の中にも、私が関わった製品が1つ2つあるかも知れません(笑)。
出会いとは不思議なもので、友達が良く行くカフェとして
ザ・ワークスと出会いました。
そして、そこで手作りの暖かさや、物を大切に扱うことに影響を受けます。

その一方で、女性ばかりのお店で色々と困っていることがある事も知りました。
例えば…お店の蛍光灯1つ取り替えることも、女性中心のお店では大変だったのです。

…気が向いたら、話はまた続きます♪

パソコン修理の専門店
PCレスキュー

〒273-0123
千葉県鎌ヶ谷市
南初富3-13-17
047-419-8854

※宅配便で修理を依頼する場合は、こちらから問診シートをダウンロードし、印刷したものを同封してください。

お問い合わせ・見積もり

お見積もり・ご依頼
その他お問い合わせは、
ご相談ください

IDRバナー