パソコン修理日記


こんにちは、PCレスキュー監物です。

タイトルの通りなのですが、当店はマイクロソフトに認定を受けた再生中古PC販売業者です。

パソコンをきちんと修理・整備できるという実績が認められ、新しいWindowsのセカンダリライセンスをインストールする事が認められています。

当店でのリファビッシュPCには正規ライセンスのラベルが貼られています。

IMGP1911_R

(クリックで拡大表示)


初回の契約時には古物商の免許や販売実績などの審査を受け、マイクロソフトのライセンスを取り扱うために必要な知識を持っているか確かめる試験に合格する必要があります。
また定期的に契約の更新が必要で、更新のたびに試験を受けてパスしなければライセンスの更新が認められません。
結構難しい(ややこしい?)試験です。

7月から新しい契約の更新が始まりましたので、早速試験を受けて一発合格しました!

MSライセンス

(クリックで拡大表示)


試験に必要な資料は提供されているのですが、まだ日本語版が出ておらず英語版を参考に復習しました。
無事に合格できてほっとしています。

これまでもオークションで買った中古PCが海賊版のライセンスだった等の相談が数多く寄せられていました。
今回のライセンス更新で秋ごろからWindows10も再生PCにインストールする事が可能になるようです。
これからもパソコンの事で困っている方々を助けられたらと思います。

今後ともPCレスキューをよろしくお願いいたします!

こんばんは、PCレスキュー監物です。

2015年11月のWindows Updateを行った後、起動するとログイン画面の前の段階で画面が点滅を繰り返し、ログイン画面に進まないという現象が発生したお客様がいらっしゃいました。

F8キーを押して、セーフモードを起動しても同様でログインできません。
富士通製のPCだったので「トラブル解決ナビ」を起動して「システムの復元」を試みましたが、1つも復元ポイントが残されておらず、お手上げかと思いました…

お仕事で使われているPCのため、明日にはお返ししないといけないのでハードディスクのクローンを作成した後、リカバリをはじめました。
しかし、やはりトラブル解決しないとスッキリしない…

他にも「Excel 2013でプリントアウトしようとするとExcelがエラーで落ちてしまう」といったトラブル相談もあり、トラブルの原因がKB3097877,KB3107998の不具合だという事も特定できたのでこれらをコマンドプロンプト上から削除することで問題を解決する事ができました。

1. システム修復ディスクやシステム回復オプションからコマンドプロンプトを起動する。

コマンドプロンプト

2. 以下のコマンドを入力する。

 dism /image:[ドライブ文字]:\ /get-packages

 [ドライブ文字]は通常C:ですが、富士通のPCの場合D:になっていました。
 Windowsのフォルダがあるドライブになります。

IMGP7142_R

3. インストールされているWindows Updateのパッケージが次々表示されます。
 この中からKB3097877,KB3107998に該当するパッケージを探し出します。

IMGP7143_R

4. パッケージ名をコピーして、以下のようにコピー・貼り付けします。

 dism /image:[ドライブ文字]:\ /remove-package /PackageName:Package_for_KB3097877~31bf3856ad364e35~x86~~6.1.1.1


 ちなみに、コマンドプロンプトのコピー・貼り付けはウインドウの左上にあります。

IMGP7150_R

5. Enterを押すとアンインストールが始まります。

IMGP7151_R

6. 同様の方法でKB3107998についてもアンインストールを行い、再起動を行います。
 プログラムの更新後、通常通りに起動できるようになっています。

IMGP7153_R

少々大変ですが、頑張ってください。
上記内容で自分では難しそうだ…と思われた方はPCレスキューまでどうぞ。

私はWindows 7 32bit版の修復ディスクを紛失していたので作業に手間取ってしまいました。^^;

【2015.11.13 追記】
マイクロソフト公式でも上記方法が解決方法として公開されました(英語ですが)。
KB3097877,KB3107998も修正プログラムに差し替えされたようです。
https://support.microsoft.com/en-us/kb/3097877

PCレスキュー監物です。

たった今、取次店のはんこ広場さんで使用しているPCで”インターネットエクスプローラー(IE)を起動すると直ぐに落ちてしまう”というトラブルの相談がありました。

この手のトラブルは大体「アドオン」によるトラブルで、IEのリセットをしてあげれば解決するのですが、今回は「アドオン無し」で起動しても起動と同時に落ちてしまって操作することすらできません。

ちょうど情報が入ってきて、ノートン(Norton Internet Security)の2月21日のライブアップデートが原因で立ち上がらなくなる現象が発生しているようです。

ネット上ではWindows 7やVistaでの情報が集まっていますが、Xpでも現象を確認しました。
Google Chrome等の別のブラウザをインストールしているのであれば、そちらを使用して下さい。

システムの復元で前の日付に戻せば一時的に回復するようですが、ライブアップデートによって再び使えなくなってしまうようです。

確定申告の時期にIEが使えないのは、不安ですね。
早く解決するといいのですが。

https://community.norton.com/en/forums/tonights-update-crashing-ie11

—–
【追記】
ノートン(Norton Internet Security)より修正のアップデートが出ています。
ライブアップデートにて更新を行ってあげれば解決します。

こんにちは、PCレスキュー監物です。
確定申告の時期ですね。

私自身もそろそろ取り掛からないといけないのですが、常連のお客様からe-taxでの電子申告がエラーでできないというトラブルPCが持ち込まれました。

これまでWindows Xpのマシンで電子申告をしていたそうなのですが、Xpのサポートが終了したので元々持っていたVistaのノートパソコンにe-taxの利用環境を入れてみたのだけれど、上手く動作しなかったため、国税庁のe-taxヘルプデスクに問い合わせてサポートを受けたそうなのですが結局解決できなかったとのこと…。

自分自身もe-taxを使用していますが、これまで大きなトラブルに巻き込まれたことはありませんでした。

e-taxのヘルプデスクのアドバイスに従って、JPKI(公的個人認証サービス)のソフトをアンインストールして、再インストールしようとしたらエラーになって申告ができないという内容です。

e-taxの専用サイトから「事前準備セットアップ」にてインストールしようとすると確かにエラーとなります。

公的個人認証サービスのサイトから「利用者クライアントソフト」単体をダウンロードしてインストールすれば、きちんと住基カードも認証されました。

これで解決すれば楽勝!!

 

…と思ったのですが、いざe-taxの画面から確定申告データを送信しようとすると、公的個人認証はきちんと承認されるのですが、データの送信に失敗してしまいます。

IEでもGoogle Chromeでもダメ。

 

仕方ないので信頼済みサイトの登録やポップアップブロックの設定、ルート証明書の登録など電子申告で必要とされている設定条件をひとつひとつチェックしていきます。

どうやらルート証明書の登録が上手くいってないようです。

しかし、証明書を全て削除して手動で再登録してもダメ。
きっとPCを初期化してしまえば難なく解決してしまいそうな気もしますが、それは最終手段としたいところ。

「PCレスキューさんでもダメなら、今年は直接持って行くか郵送するしかないですかねぇ…」

とおっしゃっていたお客様ですが、何と「監物さんにお任せしますから頑張ってみて下さい」とPCも今年と昨年の確定申告の書類も住基カードも関連するパスワードも全て預けていって下さいました。

 

写真 2015-02-11 10 16 29_R

 

これは…凄いプレッシャーです(汗)。
これまで色々とお付き合いをさせて頂いてきましたから信頼されているのは嬉しいのですが、ここまで信頼されていると何が何でも結果を出さないとダメですよね。

確定申告のデータが送信できる直前までは上手く行っているわけですから、私がお客様のデータを送信できれば業務完了という事になります。
ネット上にも情報が無く、とにかくひとつずつチェックしていきました。

最終的にセキュリティ設定を個別に見直していって、無事解決できました!!

IMGP1732_R
過去の不正ソフトやウイルス対策ソフトによるセキュリティ設定変更などによる影響なのでしょうね。

とにかく解決できて良かったです。

 

パソコンのトラブルはPCレスキューにお任せください!

http://pc-rescue.main.jp/

「以前に利用した者ですが…」
って電話がかかってくると、また壊れたんじゃないかと一瞬ドキッとします。
実際は、修理したPCは絶好調で他に頼みたいPCがあるんですってパターンが非常に多いです。

こういう依頼が少しずつ増えてきているのが本当に嬉しいですね。
たった今も、そんな電話が掛かってきました。誰かの紹介の紹介、そんな電話も時々あります。

このパソコンはお客様が自分用に新しく買ったパソコン。

まだ新しいWindows8のパソコン

まだ新しいWindows8のパソコン


以前に修理したご主人と共用のパソコンは今も絶好調だそうです。
Windows8の新しいパソコン。ところが買ってそうそう、うっかり踏んでしまったとのこと。

購入店に持ち込んだら、有償修理になりますと相当額の見積もり提示されてしまったそうです。
液晶パネル割れなど保証期間でも過失による破損は保証してもらえないんですよね…
それで慌ててメーカー修理をキャンセルして、当店を思い出して持ち込んだと。

当店の場合、修理代金が安いだけを売りにしているわけではありません。
それはお客様の体験談を読んでいただければ分かっていただけるかも知れませんね。

せっかく買ったパソコンですから壊れていたものが直るだけではなく、お客様が気持ちよく使えるパソコンになってくれればいいなと思って修理・メンテナンスをしています。

PCレスキュー、これからもよろしくお願いいたします!

昨日、閉店後に「助けてください!」と電話が掛かってきました。

話を聞いたら、シャッターを降ろした店の前から電話をかけているとのこと。
慌てて店の外に出て話を聞いたら、職場のパソコンでこのトラブル。

File Recoveryに感染してしまっていました。

自分で5時間ほど色々と調べて、直そうとしたけれどお手上げになってしまったそうです。

そこで近所のPCショップ内の修理屋さんに相談したら、「出張はしていない。持ち込んで貰えれば診断1万円で、レジストリの修理などであれば4万ほど」と言われたそう。

大型のデスクトップで持ち込むのも大変だし、金額も金額なので上司に相談したら当店、PCレスキューを教えてくれたそうで、仕事帰りに早速相談しに来たとおっしゃっていました。

早速、本日朝一番にお伺いし、数10分で解決。
金額も出張料など総額で1万ちょっと。

非常に喜んで頂けて嬉しかった反面、「いつも店の前を通っていたのに、全然知らなかったんです!助かりました!」って言葉は反省しないといけない部分ですね。

知っていただくことは本当に大事だなぁと思いました。

今朝、お店に置いている愛車(自転車)を見たら…

知らぬ間にシールとリボンでデコレーションされてる!

PCレスキュー1号がデコチャリにされました…

ごらぁああああ!誰だぁっ!!

私の愛車をデコチャリにしたのは…
まったく…可愛らしいジョークが好きなスタッフの多いお店です
でもこれ、たぶん常連さんの仕業だと思う…ええ、お客にも可愛がられて(?)おります。

しかし、良い天気が続きますね。
たまには自転車で営業にでも行きたいものです♪

…でも、工具箱背負って自転車はつらそうだなぁ

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

あ、あ、でも、ちゃんと仕事だってしてますよ!!
これ、先日、お客さんに取ってもらった証拠写真…

VL570/Bの電源部です
パソコンをしっかり検査してます

NECのPC-VL570BD(VL570/B)です。

このパソコンはちゃんと修理完了して、今週末にお渡し予定です。

「最初の頃は使ってると電源が落ちたんだけど…最後には全く電源が入らなくなりました」

って、お客さんがおっしゃっていたのが気になって調べたら、やっぱり…

後半に、全く電源が入らなくなったのは電源部の故障。
その前に、使ってて電源が落ちたのは、冷却系のトラブル。

故障は1箇所とは限らないんですよね…

チップ部品の写真…溶けちゃってます

熱伝導シートが逝ってしまってます…「とろけるチーズ」みたい。
こういうトラブルのときはHDDも…って、HDDは無事でした。ほっ。

パソコンの電源が入らなくなってもあきらめないでください!
ハードの修理もソフトの修理もPCレスキューにお任せです♪

PCレスキュー お客様(T.G様) こちらの写真は、先日ご来店くださったお客様。

ご主人が就職した頃からのデジカメ写真が入ったハードディスクが壊れちゃって、 ご自身でパソコンからハードディスクを取り出して、外付けのケースに入れて、 新しいパソコンでデータ救出ができないか散々格闘してもダメで、 それでも諦めて処分できずに2年もそのまま保存していたそうです。

ご自身でそこまでやるくらいですから、かなりPCには詳しい方でした。
しかし、パソコンにハードディスクを接続しても、認識すらしてくれない状態
動作音からして、かなりヤバイ感じ…

…ウチでも直せなかったらどうしよう…(汗)
他店で見積もってもらっても、高額な修理になると思います。

でも、ご主人が就職してから、結婚、出産と大事な思い出が入ってると思うと、 こちらも気合が入りますよね!!

私も頑張りました!今回は特に頑張った!
頑張った甲斐がありました~

データ復旧が出来ているか、確認をしてもらってる時のお客様の喜びようって、こちらも本当に言葉にできない感動があります。

もう見れないと思っていた、思い出のシーンを家族揃って見てもらえるんですからね。
私自身は個人情報ですから、データ自体を見るわけにはいきませんので、お客様の喜び、感動してる様子を眺めてるだけですが。

「もう見れないと思っていたものが見れて、感動して鳥肌が立った」

ってお客さまがおっしゃってました。

本当に良かった!
ちなみにHDDデータ復旧は¥10,500~です!これ、絶対に安いですよ!!
お客様も「10万円を超えると思ってました…」と。

と、言うわけで大事なハードディスクを手に家族で記念写真を撮らせて頂きました。
そのうち、体験談も掲載できるんじゃないかと思います。

そういえば…前に内部が黒く焦げた外付けハードディスクのデータ救出もやったことがあります。あれもかなり大変でした…

皆さん、パソコンやハードディスクが壊れちゃっても諦めないで下さいね。
皆さんの力になりますよ~、PCレスキューをよろしくお願いいたします。

・使っている途中で突然パソコンの電源が落ちる…
・以前に比べて、ファンの音が大きく感じる…
・パソコンが凄く熱くなっている…

そんなトラブル起きていませんか??

実はお客様からのトラブル、圧倒的ナンバーワンがこのトラブルです。
デスクトップ・ノート、どちらでも発生しています。
そしてその原因は…内部に入ったホコリなんです。

「たかがホコリで!?」って思うかも知れません。
ちょっと考えてみてください…

人間は空気を吸って、吐いて、生きていますよね?
自動車は空気を吸い込んで、ガソリンを燃焼させて、排気して走ってますよね?
パソコンは空気を吸って、内部の熱を外に吐き出すことで動いています。

あなたがマスクをしていて、そのマスクにホコリがびっしり付着していたら…
呼吸が苦しくなりますよね?最悪、息が吸えずに窒息死してしまうかも知れません。
パソコンだって、実は一緒なんです…
お客様のパソコンの内部を拝見すると、大体…こんな感じです。

PCの廃熱部分の写真1

(画像をクリックすると拡大します)


ファンによって吸い込んだ空気が手前の空間から、奥に向かって流れ、
パソコンの外に排出される様に設計されています。
茶色の部分が熱くなっていて、ここの隙間を空気が通る時に冷却されるのですが…
分かりますか??隙間が全く無くなっているんです!!

ホコリを少し捨ててみると…本来の空気の通り道が見えてきます

PCの廃熱部分の写真2

(画像をクリックすると拡大します)


ちょっとキモチワルイですよね…この小さな縦長の沢山の隙間が空気の通り道です。
車のエンジンの前についている「ラジエータ」と似た構造です。
パソコンの中って、数年も使っているとこんな風になってしまうんです…。

但し、一般の人は絶対開けちゃダメですよ…
部品を無くしたり、元に戻せなくなってレスキュー依頼をされるお客様、
実は意外と多いんです…それと、掃除機で吸ったりして壊しちゃうお客様。

PCレスキューでは内部クリーニングを\2,100から承っていますが、
万が一、自分でやって壊してしまった場合はその金額ではとても解決できません…。

もし、パソコンが購入時よりやたらと熱い!と感じたり、
パソコンを使っている途中で、いきなり落ちたりしたら…
迷わず、PCレスキューにまずはお問い合わせください。


逆に、このような現象が起きているからと言って「そろそろ買い替えかなぁ…」
と考えているお客様が居ましたら、買うよりずっと安くPCレスキューで解決できます!
お客様のパソコンの内部クリーニング前の写真です。

PC内部のファン(クリーニング前)

(画像をクリックすると拡大します)


PCレスキューでクリーニングすると、こんな感じになります!

PC内部のファン(クリーニング後)

(画像をクリックすると拡大します)


全然違いますよね?まるで新品のように綺麗になっています。
お客様の見えないところだからこそ、絶対に手を抜くことはありません。
ファンの音も小さくなり、触っても熱くなくなったとお客様も大喜びでした。

パソコンの「困った!」なら、まずはどんなことでもPCレスキューにご相談下さい♪

PCレスキューお問い合わせへ

いつもお世話になっている友人からネットブックを頂きました。
Aspire oneというネットブックです。青色の綺麗なデザイン。
ただ、F1キーが壊れてたんです。

友人は気を遣って、わざわざ交換用のキーボードまで手配してくれたのですが…
(M君、いつも本当にありがとう!!)

やっぱりここはPCレスキュー
きちんと直さないといけませんよね!!

取れちゃったF1キーの右下部分にあるボタンを引っ掛ける爪部分が変形して曲がってしまってます。
(クリックすると拡大します)

キーボード修復前

これを丁寧に整形しなおしてあげると…こんな感じ
(クリックすると拡大します)

キーボード修復後

あとはボタン側の爪(樹脂製)を破損しないように気をつけながら、取り付けてあげれば完了です!
(クリックすると拡大します)

キーボード修復後

後は綺麗にクリーニングして完了です!!
こうやってやっと小型軽量のノートPCを手に入れました。

実はもう1台、小型ノートPCは持っているのですが、Windows95時代の既にレトロPCなのです。
そのうちコレクションとして紹介させていただきますね。^^

ネット接続で困っているお客様の元へ出張修理に伺うときにも、すぐにネットで必要となるドライバなどが入手できるよう、モバイルの契約もしました。

パソコンのキーボードをお子様が壊してしまった…そんな時も諦めないで下さい!
また、壊れたままにしておくと写真の様な金属の爪が露出した状態になっていますから、非常に危険です!!(私も作業中に何度も流血しました…)
ボタン部分を紛失してしまっていても、キーボード部分を丸ごと交換することも可能です。
ただ、部品が入手可能か確認する必要がありますので、事前にご連絡下さい。

困ったときは、あなたの街のパソコン救急救命士にすぐ連絡を♪

パソコン修理の専門店
PCレスキュー

〒273-0123
千葉県鎌ヶ谷市
南初富3-13-17
047-419-8854

※宅配便で修理を依頼する場合は、こちらから問診シートをダウンロードし、印刷したものを同封してください。

お問い合わせ・見積もり

お見積もり・ご依頼
その他お問い合わせは、
ご相談ください

IDRバナー